水虫の予防に行いたいこと

白癬菌の繁殖を抑えること

毎日のように痒みがひどくて仕事を集中して出来ない。夜も眠れない・・・そんなことに悩んでいる人もいるはずなんですが、ただ、季節の変わり目や、市販のクリームを使うことで、いつのまりやら治ったという人もいるはず。

 

ただし、たとえ治ったとしても、一時的に過ぎず、再発することが有りますので、生活環境を根本的に帰ることが大事。どうしても水虫である白癬菌は色んな所に繁殖しているために、自分ではわからないところで繁殖してしまいます。そのために、心がけなくてはいけないことが、一日の終りに風呂に入り、お湯に浸かり、石鹸などで綺麗に洗い流すことです。これが必要不可欠な予防策です。しかし、これでも予防ができないケースが有り、角質の不秋部分に白癬菌が入り込むことで増殖を繰り返してしまい、痒みが起こってしまいます。

 

市販などでかゆみ止めのクリームが販売されていますが、これはあくまでもかゆみ止めに過ぎず、水虫を殺菌しているわけではないために、やはり利用したいのがラミシールにの専用クリームになります。

 

ラミシールクリームを水虫が繁殖している部分に塗ることで、白癬菌を消滅させることができます。ただし、1週間や2週間では完全に完治させることはできませんので、約1ヶ月以上は繰り返すことをおすすめします。