毎日のように洗い流すこと

24時間以内に洗い流すこと

目で見えない時に急に起こってしまうのが水虫の怖いところなんですよね。こういった部分をちゃんとした対処をしなくてはいけないために、本当にしなくてはいけないために、普段から生還を持続させておくことが重要になるわけなんですね。

 

例えば、床に白癬菌のたくさん潜んでいる垢が落ちいて、これを水虫でない人が分だとしましょう。白癬菌が足についたからといって、すぐに水虫に感染することはありません。つまり、毎日のように風呂に入り、石鹸等で綺麗に洗い落とせば白癬菌を繁殖することはないということになります。

 

だけども、白癬菌が付着してから、1日以上立ってからも何もケアせずに、そのままにしておくことで、徐々にですが、白癬菌が増殖、または成長をしてきます。こうなると、たとえ石鹸で洗ったとしても遅いということになります。

 

白癬菌はすぐに角質層に進入することは出来ないので、湿度が100%の環境下で皮膚についた白癬菌が菌糸を伸ばしの角質層のカカに入り込むのには24時間以上かかると言われているために、やはり毎日のように風呂に入り、石鹸を泡立ててから、お湯で洗い流すことが重要です。

 

ただし、それでもなお白癬菌がのこり、繁殖してしまうことで、痒みなどが起こってしまいます・・・・角質層へ侵入sる前に自然に落ちてしまったり、水で洗い流すことができれば問題はないのですが、夏の次期や梅雨の時期はジメジメして、白癬菌が一番増殖しやすい時期なので一番苦しむ時期です。どうしても痒みが取れない場合は、毎日のようにラミシールを塗ることです。そうすれば、たとえ水虫になったとしても予防や改善に繋がることになるはずです。