塩酸テルビナフィンが白癬菌の細胞膜を死滅

ラミシールの効果「テルビナフィン」

仕事や家事で忙しくて病院に行く時間がない、でも水虫がカユくてムズムズして悩んでいます・・・そこで、とりあえずドラックストアや薬局へ行き市販のクリームを購入して使う、、、確かにカユミはとれるが、すぐに発症してしまいます。

 

水虫は風邪や頭痛とともに、ある意味ではありふれた病気、そのために、まずは根本的な部分である水虫を完全に直し、再発が起こらないようにすることが重要になります。

 

今までは、水虫の原因である白癬菌を一時的に”マヒ”させるクリームが主流でしたが、現在では白癬菌を消滅させるラミシールクリームなどが販売されています。この専用のクリームを塗ることで、カユミやムズムズを防ぎ、再発などもおこらなくなるわけですね。

 

水虫はカビの一種で真菌と言い、これが白癬菌となります。
ラミシールクリームの主成分である塩酸テルビナフィンの効果としては、白癬菌の育成を阻害する効果が期待できます。

 

白癬菌の細胞膜は水虫だけでなく、たむしやカンジタ症状など、さまざまな病気をどんどんと感染し、拡大してきます。テルビナフィンはアゾール系抗真菌薬で、水虫だけでなく、たむしやカンジタ症状などにも利用されています。

 

このテルビナフィンの効果として、白癬菌の細胞膜である「エルゴステロール」という原料の合成を阻害する効果があります。つまり、この重要な細胞膜を阻害することで、次第に破壊され、徐々に白癬菌を死滅し、今まで悩まされていたカユミやムズムズを改善することがでるわけです。

 

ラミシールクリームは、即刻性はないのですが、毎日のようにかかさず塗ることで、次第に効果が出て悩みを解消してくれます。

 

ページの上へ